「は」と「が」の違いとは?

「は」と「が」の違いとは?
11 Oct 2014

「は」と「が」の違いとは?

First


What is the difference between the particles "は" and "が"?


This is the most commonly asked question by those learning Japanese.


Why are they asking this question in the first place?


The answer is very simple.


Check out the sentences below. 


1) 私は鈴木です。

2) 私が鈴木です。


There is a huge difference in how we interpret these sentences.

*I'll describe how these two are different in the "Explanation" section.


First, let's see what we get when we translate the Japanese directly into English.


We get


1) I am Suzuki.

2) I am Suzuki.


You see, to an average English speaker, there is no difference between the two since English doesn't have any distinction between "は" and "が". 


So, the correct use of "は" and "が" cannot be understood by translating the sentences directly into English in a literal manner.


While the usage depends a lot on context, knowing how you want the sentence to be interpreted is absolutely essential for choosing the right particle.


Explanation


To be honest, in daily life, even native Japanese people who aren't Japanese Language Coaches won't be able to address this question properly.


This is because they themselves don't really have a clear idea of how they differ.


Due to the nature of the articles, it is difficult to distinguish the difference between "は" and "が", and this is annoying to many Japanese learners.


Anyway, merely describing the situation won't help Japanese learners with this issue.


I know there are many Japanese learners who struggle with the same issue, so I'm going to describe the difference to help them out.


In the Japanese language, there are three types of sentences.


"noun sentence", "adjective sentence", and "verb sentence". "noun sentence" takes noun as a predicate. "adjective sentence" takes an い-adjective or a な-adjective as a predicate. And, "verb sentence" takes a verb as a predicate.


We can see the examples below.


noun sentence:鈴木さんは先生だ。

adjective sentence:鈴木さんは優しい。 

verb sentence:鈴木さんが来た。


Now, you can see that each subject of the three above is "鈴木さん", and in "noun sentence" and "adjective sentence", the subjects have "は", on the other hand, in "verb sentence" the subject has "が".


They show that, there is a pattern where "は" indicates the subject of "noun sentence" and "adjective sentence", and "が" indicates the subject of "verb sentence".


Also, as noted above, when "は" and "が" are switched, the interpretation would be different and have a different meaning as follows.


noun sentence:鈴木さんが先生だ。

adjective sentence:鈴木さんが優しい。

verb sentence:鈴木さんは来た。


In "noun sentence" and "adjective sentence", when the subject has "が", the sentence will be an answer to a question "Who is the teacher?" or "Who is the kind person?".


Also, people will interpret these sentences as "Suzuki-san is the teacher, and nobody else is the teacher." and "Suzuki-san is a person who is kind."


Thus, in this case, the interpretation serves to exclude the other people and identify a specific person.


In case of using "は" for "verb sentence", the interpretation serves to exclude other people like that "Other people have come here, but Suzuki-san has come."


In this example, suggested here, we can see how we usually use "は" and "が", so of course, there are exceptional cases. However, generally speaking, we can conclude the following things about the difference between "は" and "が


1) Normally, a subject of "noun sentence" and "adjective sentence" uses "は", and one of "verb sentence" uses "が".

2) When a subject of "noun sentence" or "adjective sentence" uses "が" or one of "verb sentence" uses "は", you can interpret the sentence as excluding other people/things and identifying the subject.

はじめに


「は」と「が」の違いとは何ですか?


これは、日本語学習者から寄せられる最も代表的な質問です。


そもそも、なぜ彼らはそれらの違いについて質問するのでしょうか?


実は、答えは単純なところにあったのです。


以下の文章をご覧ください。


1) 私は鈴木です。

2) 私が鈴木です。


これらの日本語の「解釈」には大きな違いがあります。

* その違いの詳細については説明のセクションで述べます。


さて、これらを機械的に英語に置き換えてみるとどうなるでしょうか?


以下をご覧ください。


1) I am Suzuki.

2) I am Suzuki.


となります。


見ての通り、日本人が使い分ける「は」と「が」の概念が英語には備わっていないのです。


つまり、「は」と「が」をきちんと使い分けながら日本語を話したり書いたりするためには、英語から日本語へ機械的に訳すのではなく、コンテキストを踏まえつつ、且つ、日本語では「は」はどう解釈されるのか、「が」はどう解釈されるのか、という点 を踏まえながら「は」と「が」を適切に使い分ける必要があるのです。


説明


正直なところ、普段の生活の中で、我々のような日本語指導に携わっている人を除いた一般の日本人ネイティブスピーカーではこの命題に正確に回答することはできないでしょう。


なぜなら、彼らは普段それらの違いを強く意識しているわけではないからです。


そういう背景も重なり、この「は」と「が」の違いが分からない状態に、多くの日本語学習者は悩まされているのが現状だと思います。


さて、こういった実態を述べても、日本語学習者の疑問は解消されません。


同じ疑問を持つ多くの日本語学習者の方がいらっしゃいますので、ここで彼らの疑問を解消するべく、以下に説明を述べたいと思います。


日本語の文には大きく分けて、名詞を述語とする「名詞文」、形容詞(イ形容詞)や形容動詞(ナ形容詞)を述語とする「形容詞文」および動詞を述語とした「動詞文」があります。具体的には次の通りです。


名詞文:鈴木さんは先生だ。

形容詞文:鈴木さんは優しい。 

動詞文:鈴木さんが来た。


さて、これらの文ではいずれも主語が「鈴木さん」ですが、名詞文と形容詞文では主語が「は」で示されているのに対し、動詞文では主語が「が」で示されていることに気が付きます。

このように、通常「は」は名詞文および形容詞文の主語を提示し、「が」は動詞文の主語を提示するという違いがあります。


また上の例では「は」と「が」を入れ替えることも出来ますが、その場合は解釈が異なり、特別な意味を持つようになります。


名詞文:鈴木さんが先生だ。

形容詞文:鈴木さんが優しい。

動詞文:鈴木さんは来た。


名詞文や形容詞文の主語に「が」を付けると、「先生は誰ですか?」、「優しい人は誰ですか?」といった疑問への答えや、「他のどの人でもなく鈴木さんこそ先生だ。」、「鈴木さんこそ優しい。」という解釈になります。

つまりこの場合、他の人物を排除して、ある人物を特定するような解釈となります。

一方、動詞文の主語に「は」をつけた場合「他の人は来なかったが、佐藤さんは来た。」のように他の人を排除するような解釈となります。


ここで挙げた例は「は」と「が」の使い分けの一部であり、また、使われる場面によって例外もありますが、ここでの違いは以下のようにまとめられます。


1)通常は、名詞文・形容詞文の主語は「は」、動詞文の主語は「が」で示す。

2)名詞文・形容詞文の主語を「が」、動詞文の主語を「は」で示すと、他を排除して該当者を特定するような解釈となる。



Categories