さようなら

さようなら
21 Oct 2014

さようなら

Here is the question.


How would you say goodbye to a teacher?

The literal translation I usually come upon is さようなら, but I think that's for when you wouldn't see them again for a long time. What's a more commonly used way? Thanks!


Okay, let me try to answer below.


As the questioner understands, "さようなら" gives us an impression that is unfriendly and ceremonial because it's a formal expression.


For more closeness, we can use expressions other than "さようなら", so I'm going to talk about them.


・「では、また。」

To your teachers, I think it's the best!


・「じゃあ、またね。」

I think this is a more popular and appropriate way to address your friends. As you can see "またね" implies an expectation that you want to see them "again".


・「じゃあね。」

Maybe, I would say this to my family. You must see the family again, so "またね" is not needed.


・「ほな(ね)。」

This is a Kansai word to be used for people in a close relationship.


・「おいとまします。」or「おいとまさせて頂きます。」

This is a very formal expression.

I would recommend to use this when you get off work for the day if you work for a company.

I always say "おいとまします。" or "おいとまです。" when I go home from work.


For your information, "さようなら。" originally comes from "さようならば、おいとまします。". It shrank by removing "ば", so "さようなら" has become the most commonly used word as a good-bye greeting.


以下が質問です。


How would you say goodbye to a teacher?

The literal translation I usually come upon is さようなら, but I think that's for when you wouldn't see them again for a long time.

What's a more commonly used way? Thanks!


以下が私の回答です。


質問された方が認識されているように、「さようなら。」という表現はフォーマルな表現で、少しよそよそしく、かしこまった印象があります。

親しい間柄では「さようなら。」よりも別の表現が使われるので、それを紹介します。


・「では、また。」

対先生だとこれが適切かと思います。


・「じゃあ、またね。」

友人同士だとこれがもっともポピュラーな言い方でしょう。


・「じゃあね。」

家族だとこれかな。家族はより親密な間からなので、「またね」は不要です。


・「ほな(ね)。」

関西弁です。親しい間柄で使います。


・「おいとまします。」または「おいとまさせて頂きます。」

非常にフォーマルな言い方です。

会社勤めの方は、仕事が終わって帰られる際にこれを使うとベストでしょう。

僕も帰り際は「おいとまします。」とか「おいとまです。」と言っています。


ちなみに、「さようなら」は、元々「さようならば、おいとまします。」という表現から来ています。

その「さようならば」の「ば」が省略され、「さようなら」が一般的にお別れの挨拶として使われるようになりました。




Categories